展示・コレクション

Manggha のメイン事業は、日本、ヨーロッパ、ポーランドの伝統美術品と現代アートや、ポーランドにおけるジャポニズムに関しての興味深い数々の展覧会である。

特筆すべき展覧会は「日本美術のポーランドコレクション名作展」(展覧会カタログは、名誉ある2014年のシビラ賞を受賞)「富士山」「北斎展」「広重展」「歌麿展-新たな見方」「仮名手本忠臣蔵-四十七士の物語」である。各展覧会はポーランドにおける日本美術の研究の促進という重要な役割を果たしているといえるだろう。

2005年より、Manggha 博物館では、ポーランドのオルガ・ボズナンスカ、スタニスワフ・ビスピアンスキ、ユリアン・ファウァット、アンナ・ビリンスカ、ヴォイチェフ・ヴァイス、ヤン・スタニスワフスキ、レオン・ヴィチュウコフスキなどのモダニズム芸術家の作品の展示を重ね、ポーランドにおけるジャポニズム展覧会・研究プロジェクトを実施してきた。

NEWSLETTER
!Wypełnij to pole